ポンコツTV

インフォメーション

一般公開宮城2022.01.22 (更新:2022.01.22)

【宮城石巻ちゃんこ】宮城・石巻ぽちゃ専門デリヘル訪問の際に「震災遺構」を目の当たりにした

筆者:桑田

ちゃんこ宮城仙南店に続いて宮城県2軒目。
しかし、今回は多言はしない。
いや、多くを話せる内容ではないのだ。

今回はいつも違うアプローチでお届けする衝撃作。
完全なドキュメントタッチである。

11年前の2011年3月11日。
あの時、私は何をしていただろう。


2022年1月8日。
この日は、前日の「ちゃんこ宮城仙南店」さんの撮影から同行頂いているちゃんこスーパーバイザー・ちゃんこTV責任者の「ピストン坂下」さんの車で、山形県から宮城県に向かう途中に蔵王の名所「お釜」を見に行こうとしていた。
残念ながら冬季は雪の為、通行止めとなっている事を知らず、手前まで行ったものの断念し、そのまま「ちゃんこ宮城石巻店」さんに向かう事に。

しかし、ここでも問題があり、撮影予定だった女の子が急遽お休みとなったらしい。
2022年1月1日オープンという事もあり、まだ始まったばかりのお店さんなので、それは仕方がない。

そんな中、街ブラをする事にし、安易な気持ちで石巻市を回る事に決めたのだが、私たちの想像を絶する現場を目の当たりにするのだった。


「震災遺構」

石巻市の海岸方面。
「石巻南浜津波復興祈念公園」と「みやぎ東日本大震災津波伝承館」の北側にある「旧門脇小学校」。
ここが今回の話の始まりである。

衝撃であった。
軽い気持ちで訪れたが、震災遺構としてその実物を目の当たりにすると言葉が失われた。

3階建てにもなる小学校の外壁から内部の天井までもがボロボロに崩れているのだ。
「これが津波の脅威なのか・・・」と。


ここから「他の震災遺構はどうなっているのだろう?」という話になり、可能な限り自分たちの目で確かめに行く事に。

次は「女川町」に向かう事になったのだが、「旧門脇小学校」の周囲やその道中に明らかに新しく、あまりにも多くのお墓が存在した。

車中では誰もが言葉を失っていた。


女川町に到着。
こちらの震災遺構は「旧女川交番」。
建物が折れて倒れている。

動画の中で少し解説しているが、安易に話せるものでもない。

何も無ければ平穏な港町である。


最後に北上川のすぐそばにある「大川小学校跡地」に向かった。

ここもそうだ。
2階建ての建物が見るに耐えない姿となっていた。
北上川とは目と鼻の先だが、「この高さまで川の波が来たのか・・・」と。

これ以上は私からは何も言えない。


しかしながら、この光景は写真を通して見る景色、動画を通して見る景色、報道を通して見る景色とは、この現場を直接見る事によってまた違う景色が存在する。

動画の中でも触れていたが、言葉を選ばないとするなら「人生で1度は見に行ってほしい」という事である。

これを見てどう感じるかは分からないが、これが「現実に起きた」という事を伝える「時代の証明」である事に違いはない。


いつ来るか分からない「天災」との戦いは終わらないが、いつでもそれに備えられるよう、この出来事が次の豊かな未来へと繋がっていく事を切に願う。

  • 店名

    ちゃんこ宮城石巻店

  • 業種

    デリヘル

  • 電話番号

    080-4518-0405

  • 営業時間

    9:00~25:00

  • 所在地

    宮城県石巻市

  • ホームページ

    https://love116-chanko.com/

YouTubeで動画を観る

ぽちゃ専門ちゃんこTV

ぽちゃ専門デリヘル「ちゃんこFC」のYoutubeチャンネルです!デリヘル開業にご興味のある方はこちら!ちゃんこグループFC開業サポート/開業相談、ちゃんこTV責任者:坂下※ツイッターで「@chakashita_cha」で検索願いますm(_ _"m)

宮城の最新記事

シール配布店を探す