ポンコツTV

インフォメーション

一般公開東京2022.02.26 (更新:2022.02.27)

【蒲田ちゃんこ】東京・蒲田ぽちゃ専門デリヘルのFカップ低身長ミニマム美女「みり」さんに潜入体験レポ!

筆者:桑田

東京都大田区蒲田。
「蒲田駅」。

神奈川県の県境。
少し行けば、川崎市がある。

私の中で「蒲田」と言えば、映画「踊る大捜査線」に登場した犯人の手掛かりとなるキーワードだ。
動画の冒頭でDともやり取りをしているが、後から知ったのだが、これは実は「松本清張」さんの作品「砂の器」のオマージュなのだ。
「砂の器」と「踊る大捜査線」。
どちらも良い作品である。

特にこれといったものがある訳ではないが、ポツポツとディープなピンサロが点在している為、またいずれ潜入する事になるかもしれない。

そしてこの後、Dはしれっと先に行ってしまった為、自撮りで入室シーンを撮ったが、この頃から冒頭に現れない事が増えていったのだ。(笑)


今回お世話になったのは
「ちゃんこ蒲田店」さん。

お相手して頂いたのは
「みり」さん。
20歳。

今回は事前に店長さんからは「ぽっちゃりはしてるけど、それを加味してもちゃんこの中では小柄で細い系」で、お客様でも「ぽっちゃり過ぎると嫌だなぁ」と思う方にはオススメのスタイルと言われた為、今回はそれを確かめてきた。


場所は蒲田駅からすぐ近くにある地下にあるレンタルルームになるのだが、少しやらかした。
トイレが部屋の外にあり、トイレをしてる間に既に部屋の前に女の子がいて待たせてしまった。
バタバタの顔合わせとなり焦ったのだが、そんな私にもただただニコッと笑って挨拶をしてくれる落ち着いた雰囲気の女の子で、私だけがバカみたいに慌てて恥ずかしい。

関東の子は相手にするお客様が多く慣れているのか、クールで物怖じしない方が多いように思った。

店長さんが言うように、確かに他のちゃんこガールと比べると、小柄で細身な為、ちゃんこ初心者さん向けと言える。
ビギナーの方には超オススメの女の子である。

お店のホームページを見る「ポンコツTVを見た」で割引特典あり!


今回のみりさんのポイントは「雰囲気」。

私の中では清楚系とはまた少し違うイメージで、上京したての学生さんのような、まだ何にも染まってない感がある雰囲気。
少し言い換えると、クラスのマドンナではなく、2番手、3番手みたいな感じ。

私のような人間、奥手男子は高嶺の花タイプは気が引けてしまうので、より身近に感じるタイプの子という印象であった。

Dに言われたが、AKB48の中でも7番目ぐらいの「推しの子を見つけた」みたいな感覚。

磨かれる前の原石というイメージが近いか。

ルックスは、丸みのある輪郭で、メガネを掛けており、伊達メガネではないリアルメガネ女子との事。

しかし、メガネというアイテムは大きく、外した時のギャップが良かった。

ホームページの写真とは少し違う印象なのだが、メガネを外すとアジアン系のエキゾチックな雰囲気が出てくるタイプ。

今までで、エキゾチック系はあまりお会いする事がなかったので、今回の女の子はメガネ女子からの変化も楽しめ、レアな感じがした。

性格は真面目で、ありがたい事にすぐにプレイに入る準備を進めてくれ、みりさんから「お客様にはプレイで楽しんでほしいという想いが強いけど、お話するのも好きだから時間上手く使って同時並行でお話もしましょ」と。

いつもお話で時間を使い過ぎる自分にとっては両方しっかりと対応して頂けるのはとてもありがたく、それだけ意識が高く、同時並行出来る器用さもあるのは凄いと感じた。

しかもありがたい事に真面目ではあるものの、冗談も通じるタイプのツンデレ系女子であった。
みりさんが吐息を漏らし始めた為、こちらが「いかがですか?」と尋ねると、なんと笑いながら「気持ちよくない」と返された。
またもや「ぎこちない空気が流れるのか」「冷たい視線であしらわれるのか」と思ったが、次の瞬間である。
すぐに「気持ちよくなかったらこんなにも吐息も漏らしてないし、笑ってないですよ」と、しっかりと盛り立てくれて、関東で当たりを引いた気分になった。

みりさんは気配りも出来て、このレンタルルームのベッドは、私1人しか寝れないぐらい小さく狭めだったのだが、みりさんは小柄さを活かして、ベッドの淵ギリギリから責めてくれ、寝ている私に充分なスペースを確保してくれる優しさも見せてくれた。

過去にはエステを経験されているという事で、その時に覚えたオイルマッサージが好きになり、その名残りで今はローションプレイが大好きで得意らしい。

プレイ内容はオーソドックスだが、中盤以降はそのローションを使って、ビーチクとアソコを責めて頂き、得意技はオスマタンという事で、最後はそのローションオスマタンで・・・スプラッシュ!

みりさんの詳細情報を見る


後から聞いたが、先に行ってしまったDは、渋谷にて渡辺社長とヤベロンさんと合流し、飲みに行っていたようだ。(笑)

そんな寂しく置き去りになった私だが、事の経緯を知った上で、みりさんは優しく接してくれた。
部屋を出た後、みりさんから「事務所近いので、店長に挨拶に行くなら一緒に戻りませんか?」と声をかけてくれ、最後は陽の沈みかけた蒲田の街を寄り添いながら一緒に歩いてくれてお別れをしたのであった。

  • 店名

    ちゃんこ蒲田店

  • 業種

    デリヘル

  • 電話番号

    03-6715-9337

  • 営業時間

    12:00~27:00

  • 所在地

    東京都蒲田

  • ホームページ

    https://love16-chanko.com/

YouTubeで動画を観る

ぽちゃ専門ちゃんこTV

ぽちゃ専門デリヘル「ちゃんこFC」のYoutubeチャンネルです!デリヘル開業にご興味のある方はこちら!ちゃんこグループFC開業サポート/開業相談、ちゃんこTV責任者:坂下※ツイッターで「@chakashita_cha」で検索願いますm(_ _"m)

東京の最新記事

シール配布店を探す